2014/12/07

スマホより小さいPC!m-stickをゲッツ!!良い点と気になる点など。



2014年12月5日、私はまさに歴史的な瞬間に立ち会いました。
そう、マウスコンピューターからスティック型PCこと「m-stick」(型番:MS-NH1)が発売されたのです。
価格はなんと19800円。
マウスコンピューター スティック型WindowsPC / m-Stick  (Win8.1withBing/AtomZ3735F/2GB/32GBeMMC) MS-NH1-AMZN
マウスコンピューター (2014-12-19)
売り上げランキング: 3,121

m-stickとはPC界隈では有名なメーカーであるマウスコンピューターから新たに発売されたスティック型のパソコンで、トップの写真がまさにそれです。OSは現状最新のWindows8.1 with bing。
(Windows8.1とどう違うの?って言うとIEのデフォルト検索サイトがBingになってる以外は普通のWindows8.1です。それだけ。)
スペックは現状の一般的なWindowsタブレット同等と考えていいかと。

見てもお分かりのように小さい。とにかく小さい。重さも44gとPCとは思えないほど軽量です。
パッケージも小さい

使い方はPCから生えてるHDMI端子をTVに繋ぎ、microUSB経由で電源を確保してから起動します。
TVにUSB端子が付いている場合はそこから電力供給もできますが、TVの仕様によっては電源を消した際にPCまで強制終了する場合もあるので注意。

でもちゃんとACアダプタとUSBケーブルが付属していますので、基本的にはそちらを使うといいいかと。

また、各所のニュースサイトではm-stickをテレビに直挿ししている写真が多々見受けられますが、あれはあくまでパフォーマンスとしてやっているだけで、一応付属の延長HDMIケーブルを使用してテレビに接続された方がいいと思います。


さて、すでに大手メディアサイトで詳細なスペックや雑感は語られているのでその辺は割愛して実際に1日使ってみて感じた良い点と気になる点なんかをザッと書いてみたいと思います。

○良い点

・先ほども書きましたがとにかく小さく軽いです。
・Bluetooth 4.0/4.0LEにも対応しているので、Bluetooth機器も問題なく使える。
・そして省電力。消費電力は2.5W~7.4Wで、スリープ時は0.08W。
・それだけ省電力なので放置しやすい。つまり、いつでもすぐにパソコンを使えるってこと。
そういえば電源メニューに「スリープ」がない。メーカーは電源を付けっぱなしで使う使い方を提案しているレベルでしたが。
シャットダウンと再起動だけの電源メニュー
もちろん他のPC同様、自分の設定した時間放置することでスリープ状態に入る事もできます。
・リビングに来てテレビをつけたらすぐPC。っての、最高すぎる。ちょっとの空き時間にブラウジングしたり動画みたりするのにぴったり。
・テレビに2画面機能がついていたらテレビを見ながらネットするのも簡単。
・Windows8.1なので、アプリのスナップ機能を使うことで例えばTwitterを端っこに垂れ流しつつ、ブラウジングや動画鑑賞が捗る。テレビで。
・今思ったんだけど、2画面機能使ったらTwitterしながらテレビ見るの凄く捗るのでは!?TweetDeck垂れ流しながら、とかで。

とまぁ、個人的にはこの辺がm-stickの気に入っている点。

○気になる点

・Windowsタブレットでは気にならなかった、低スペック故の若干のカクツキがテレビという大画面で見ることで少し気になる様になった。
カメラで写真撮影する時にズーム使うと手ブレが気になる、みたいな感じ。
・ストレージが32GBしかない。初期セットアップ完了後、すぐにウィルス対策ソフト(カスペルスキー)とGoogleChromeを導入しましたが、Cドライブの残量が20.2GBとなり少しばかり心許ない。
microSDカードスロットがあるのでデータ関連はそこに突っ込めばまぁなんとかなりそうな気もしますが。
・マイクは付いてないので、ボイスチャットや音声検索を多用する人は別途マイクやヘッドセットが必要になります。はい、私です。

んまぁ、気になる点っていうとこの程度でしょうか。
あくまでサブPCとして購入しているので、その程度の使い方をする前提ですけどね。
そもそも19800円で買えるパソコンにそんな高性能を望む人なんていないですよね。
dアニメも見られますしこれだけ出来ればむしろ御の字のレベル。

そういえば、公式HPに初期セットアップ時にはUSB接続のキーボード、マウスが必要って書いてありますが、Microsoftから出ているAll-in-One Media キーボードを初回起動時から使用してみたところ、全く問題なくセットアップすることができましたのでご報告。
最初、てっきり有線じゃないとダメなのかと思っちゃいました。
マイクロソフト ワイヤレス キーボード All-in-One Media Keyboard N9Z-00023
マイクロソフト (2014-06-13)
売り上げランキング: 1,246


マウスコンピューター スティック型WindowsPC / m-Stick  (Win8.1withBing/AtomZ3735F/2GB/32GBeMMC) MS-NH1-AMZN
マウスコンピューター (2014-12-19)
売り上げランキング: 3,158


通販サイトを見て回っていますが、どうも初回出荷分は完売中みたいですね。

2014/11/01

大人用キックボード!TOWN 9 EASYFOLDをゲッツ!



キックボードってK2社というスキー用品を販売している会社の登録商標だそうです。へー。
ついでに一般的にはキックスクーター(スケーター)と呼ぶそうですが、
日本じゃ圧倒的にキックボードって言っている気がしますね。一時期キックボードが流行ったせいかな。


そのキックボードが流行ってた当時、私は小学生ぐらいだったと思いますが実は全く欲しいと思いませんでした。
だって見るからに疲れそうだし。
実際、友人が購入していたので乗せて貰いましたが、やっぱりしんどい。
そしてスピードも出ないし振動も凄い。

そんな余り良い印象の無いキックボードでしたが、あれは乗っていたキックボードが私には合わなかったんだと思います。そう、私には。ええ、私には←


そんなわけで今回購入したのはTOWN9 EASYFOLDという、言わば「大人用キックボード」です。
でもこれ、さっき言ってたキックボードの印象をガラッと変えてくれました。


まずタイヤが大きい(直径200mm!)ことでスピードが出ますのでしっかり前に進みます。
さらにサスペンションがついているおかげか振動も想像していたより少なかったです。
それに本体がしっかりした作りなので安定して走ることが出来ます。

タイヤですがiPhone5sと手のひらで比較した写真がこちら↓

ただまぁ、疲れるのは疲れますね。ちょっとした運動気分。
走るよりかは楽に速く移動できますが、歩くよりかはしんどい、みたいな。
あ、あとタイヤが大きいので下り坂では結構スピードが出ちゃいます。
「手元にブレーキがあって良かったぁ」って下り坂に入ると思いますね。


上に挙げたメリット以外にも、
・折り畳めるので玄関に置いても余り邪魔扱いされない。
・電車に持ち込める。

といったメリットもあります。


が、しかしメリットもあればデメリットもあります。
・砂利道はちょっとだけ苦手
・段差は苦手(減速される)
・重い

といった感じ。
砂利道といっても一概には言えませんが、時々タイヤが滑るのか100%の力で走れない感じの砂利道があります。85%ぐらいの力になる。

あと重さは何気に5.9kgあります。
まぁスーツケースの様に転がして移動できるので余り困らないんですけど、階段なんかでは肩に担ぎますし、人によってはしんどいかもです。
ただ、あくまで個人的な感想で言えば私はそんなに辛くなかったです。本体のバランスがいいのか肩に担いでいてもそんなに疲れないんですよね。
あ、持ち運び用の紐は付属していました。

嫁(ちょっと力は弱い方かも)に持ってもらったところヒィヒィ言っていましたが(汗

そうそう、折りたたみは前方を踏み込むだけで簡単に折りたためるんですよね。これが結構便利。
ちょっと説明が苦手なので公式の動画を置いておきます↓




それからセキュリティ面ですが、折りたたんだTOWN9を開く用のボタンの付け根に穴があり、そこに南京錠等を通すことによって開かなくすることができます。
柵なんかに本体を通して鍵を掛ければほぼ完璧なロックになりますね。
まぁ自立もできますし、よくあるタイヤにつける鍵を付けても良いと思うんですが。


最後に…ブレーキも反射板も本体についていますが、ライトやベルはついておりませんので、町中では是非取り付けてから乗られることをお勧めします。
ベルは100均にも売っています。

あとライトですが私はこんなの↓使ってます。取り付けが楽で良かったです。
シリコン LED ライト 2個入
ALL-WAYS
売り上げランキング: 1,317


一家に一台ぐらいあると、なんだかんだ乗る機会も多そうです。



2015/8/1追記
お、専用ケースとのセット販売みっけ!単品でも売ってるみたいだしこれはありがたい。


ていうか本体のチタニウムカラーってなんだ!新色か!?こいつも滅茶苦茶かっこいいじゃないか!買い増したい!けど嫁に怒られそう…

2014/10/20

SWISS+TECHのカギ型マルチツールゲットしたぞ!ナイフやドライバーやらがひとつになった優れもの!


SWISS+TECH社から販売されているカギ型のマルチツールです。

SWISS+TECH(スイステック) ユーティリキー 24320
SWISS+TECH(スイステック) (2011-03-08)
売り上げランキング: 3,686

SWISS+TECHって余り聞かないかもしれませんがどんな会社かっていうとこんな会社↓(分かりやすいでしょ!w)

どうでもいいですがSWISS+TECH(スイステック)という名前のわりにアメリカの会社です。
創業者がスイス系の方だそうですけどね。

無駄話は置い♪とい♪て♪(死語?)

今回購入したのはカギ型マルチツール!TOP画像はパッケージの写真です。
本体を取り出すとこんな感じで、パッと見本当に鍵↓
長さは単三電池より2cm程長い感じでしょうか。

この鍵…じゃないですね、マルチツールは90度、もしくは180度まで開けられますので、
用途によって開き方を変えるができます。

あ、今気づいたんですがこれ開いたときに上側にある穴も開いて無くなるんですね。
例えばキーホルダーなんかにつけていても、使う時にはさっと取り出せるというわけか。なるほど。
ストラップとかを常時付けていたい、って人には残念なポイントかもしれませんが。

基本的な用途でいうとドライバー時は90度開いて、ナイフを使う時は180度開くといった感じでしょうか。
というかドライバー使うときも全開にしちゃいたい気持ちが若干ありますが、手のひらを怪我する可能性があるので危険です。
もっとも、そこまでナイフが鋭い訳ではないのですが一応ね。

ついでに切れ味ですが、普通のプリント用紙に切れ目を入れたり、新品の服とかについているタグを切ったりする程度はちゃんと出来ました。
なお、ナイフを研ぐことで少しだけ切れ味が上がったように感じます。
もともとこういうのは期待する程の切れ味ではありませんが、それでも思ってたより切れないって人は一度試してみてもいいかもしれません。←
あと、少し太めの紐もナイフ下部にあるギザギザの部分を使う事で切る(若干千切るに近いけどあんまり力は必要ない感じ)事ができました。

さて、マルチツールというだけあって(商品名はユーティリキーですが)ドライバーとナイフだけがこれの機能ではありません。
機能を一覧にすると以下。
・プラスドライバー
・マイナスドライバー
・精密ドライバー(メガネ用)
・栓抜き
・普通のナイフ
・波刃(ギザギザナイフ)
で、合計6個。

これだけ小さいツールの中に計6個の機能が詰め込まれているとかちょっと厨二心をくすぐられますね。
そういえば中学生ぐらいの頃って無駄に十徳ナイフとか憧れました。
三つ子の魂百までとはよく言ったものです。

さて、見るからに便利そうなツールですが安全性が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
回転機構自体がちょっと固めであることと、閉める・開けるの動作時にはカチッと自動でロックがかかるようになっていますので、気づいたら開いていた、なんてことは無さそうです。

その様子をVINEで撮影しましたのでよければご覧ください。


小さな音ですがちゃんとカチッと音がしてますね。

勿論それぞれ専用のツールに比べれば使いにくいものですが、それぞれちゃんと使えるわけでして、1個ぐらいこういうのを常備しておくのも良いのではないでしょうか。

ついでに私はAmazonで740円で購入しました。意外と安い。
SWISS+TECH(スイステック) ユーティリキー 24320
SWISS+TECH(スイステック) (2011-03-08)
売り上げランキング: 3,686
あ、厨二心をくすぐられると言えばこんなのもあります。ビジュアルとか機構は大好きですね。
これらも安いですが作りも…まぁなんというか「安かろう」ってやつです。
カードタイプ 万能ツール(C-4/40)

売り上げランキング: 5,579

2014/10/09

「あの」猫耳型ヘッドホンがついに買える!(かも)→追記:目標額達成!


以前紹介した猫耳型のヘッドホンこと「Axent Wear Cat Ear Headphone」がついにクラウドファンディングサイトにて資金集めを開始しています。
※一般販売ではありません。まだ資金集めの段階です。まぁ実質は予約ですが。

当初Kickstarterで資金集めをする予定でしたが蓋を開けてみればIndiegogoになったみたいですね。

https://www.indiegogo.com/projects/axent-wear-cat-ear-headphones

両者の大きな違いとしてはKickstarterは目標金額に到達せず資金集めに失敗した場合、ちゃんと出資したお金が戻ってくるのに対しIndiegogoは戻ってきません

しかし、現在資金集め開始から6時間程ですが既に予定額の半分を超える額が集まっており、更に前評判の高さ、資金集めの期間が約1ヶ月間あることを考えれば目標額には余裕で届くと思われます。

2014/10/9/21:20追記
目標額達成してました!おめでとうございます!

さて、肝心の価格ですが、これは当初の予定通り115ドル。

ただし、

そこに国際送料等が35ドル入って合計150ドルとなっています。

少しでも安く購入したい方はブルー、レッド、グリーン、パープルの全色合計4個のセットに出資するといいでしょう。
セット価格は575ドルとなっていますので単体価格としては143.75ドルになります。

そのほか面白いものとして、2000ドルを出資(というかこれは寄付版)することでカスタムペイントを受け付けれてくれるそうです(1万ドル出資した場合は更にLEDライトをレインボーに光らす事も!)。
カスタムペイントがどの程度のものまで出来るのかは分かりかねますが、とりあえず説明文には"玉虫色にしたり光沢を加えたりマット調にしたり"なんて書いてあります。

なお出資できる期間はあと30日ですが、発送の予定は来年の4月頃なので実際に手に入れるまであと最低でもあと半年はかかりますね。

2014/09/07

500円で買える学習リモコン!? いいえリモコソ!

世の中には…リモコンが溢れすぎている…。

どうも!出だしから厨二病臭いセリフですみません。

この前ドスパラへ行ったら500円以下で怪しい学習リモコンが売っていたのでついつい購入してしまいました。
前々からPCルームにいながら他の部屋で点いてる電気を消したりテレビ消したりできたらいいなーなんて思ってたところなのです。

で、今回購入したのは「RIMOKOSO1」という学習リモコン。


ついでにこれ上海問屋でも販売されています。

4個のリモコンを1個にできる!その名も『リモコソ』 Donyaダイレクト RIMOKOSO 1

意外と評価が高くてホッとしました。

でも正直このリモコソよりもAmazonで見かけたこっち↓の方が良いかもしれません。

理由は「地デジ」に合わせたボタン配置であること。価格も300円ぐらいしか違いませんし、テレビ用としても使うのであれば絶対こっちのほうが分かりやすくて使いやすそうです。
それに比べてリモコソの方はアナログ時代的ですよね。4色ボタンもないです。
もちろんリモコソにあるボタンに4色ボタンの機能を割り当てれば済む話なんですけどね。
そういった事が出来るのも学習リモコンの強みです。

とりあえず私はテレビやライトのオン/オフができればいいので安いリモコソで問題は無いです(ちょっと酸っぱいぶどう感がありますが…)。

なにはともあれ、リモコソを開封していきたいと思います。
まずはパッケージの外観から。
ボタソ
リモコソ
裏面の説明は英語
見えにくいかもしれませんが説明書はちゃんと日本語でしたので操作で困る事はないと思います。
電池は単3が2本必要。別売り

で、まぁ実際に使ってみた感じなんですけどあっけないくらいちゃんと使えています。

ただ、学習するときに気をつけないといけないのは、学習させる側(オリジナルのリモコン)のリモコンを押しっぱなしにしない、ということです。
押しっぱなしで学習させても学習完了の合図は出るのですが、実際に使ってみると上手く機能しませんでした。
しかし普段使うときのように「ピッ」と一回だけ押して学習させると大丈夫でした。
学習完了までに時々1秒くらいラグがあったりして、ついつい押しっぱなしにしたくなりますが、そこは我慢です。

今のところ特に不具合等も見られていませんし、ワンコイン以下で買える学習リモコン…あ、リモコソ。…と、しては中々優秀と思われます。
ただ使い勝手も求めるとなると、やはり上で紹介したAmazonの学習リモコンの方がいいかもしれません。用途次第ですね。

2014/08/25

端末が増えすぎてTwitterアプリからプッシュ通知の設定が変更できない時の対処法



先日Nexus7にTwitterアプリを入れてプッシュ通知の設定を変更しようとしてみたところ、一つのアカウントに登録できるデバイスは25個までです、とアラートが出てしまい変更できませんでした。
プッシュ通知を受け取れる端末数に上限があったとは…。

とりあえず同じ症状の方を探してみたのですがパッとは見つからず。
昔の端末を出してきて通知をオフにすればいいのかもしれませんが、いくらなんでも手間すぎますし、これから端末が増えるたびに昔の端末を出してくるのも面倒。

せっかくなので備忘録代わりに一気に解決できる方法をご紹介してみたいと思います。

やり方はとっても簡単で、ブラウザからweb版Twitterサイトへアクセスし、
「設定」→「アプリ連携」へ。



その後androidなら公式android用Twitterアプリの連携を解除。WindowsPhoneなら公式WindowsPhone用Twitterアプリの連携を解除することでそれぞれ新しい端末でプッシュ通知の設定が再度行えるようになります。

ただし、連携を解除する以前にプッシュ通知が来るように設定していた端末にはプッシュ通知が来なくなっていると思いますので、忘れないように再設定をする必要があります。

以上、端末が増えすぎてTwitterアプリからプッシュ通知の設定が変更できない時の対処法でした。




2014/08/24

今更と言われようとLumia1020を買ってしまった!!

いやむしろ買わずにいられなかった!!(ぁ



4100万画素という並外れのカメラを搭載し話題を集めたLumia1020。
しかし発売から約1年経ち、新しい端末がポンポン出るスマフォ界隈ではちょっと影が薄くなってきたLumia1020。

ですがその魅力は今でも薄れていません!
いやむしろ増えたと言ってもいいかもしれません!!!(ぉ

その一番の理由はなんといっても価格です。
発売時には8万~9万程していましたが現在では4万~4.5万まで落ち着いています。
ついでに1ShopMobileでは現在$365です。送料が$30なので合計$395。
いやはやお安くなったものです。
なお1ShopMobileはAmazon.co.jpにも出品しています。この記事を書いてる現在では43,925円。
現状1ShopMobileの公式サイトでは支払い方法がAmazon.com経由のみなので、私はAmazon.co.jpで買いました。
すでにAmazon.comのアカウントがある方はそのまま1ShopMobileの公式サイトで購入できます。

ヤフオクにもよく出品されているので、そっちもチェックしてみるといいかもしれません。

正直この価格なら今すぐLumia1020の後継機が出たとしても(高いだろうから)私は嫉妬せずに済みそうです(新しい物欲は沸くかもしれない)。

ただ、後継機はキャンセルされたという噂もあるのでどうなることやら。
あと、噂といえばLumia1020が9月の中頃に生産中止になる、といった話もあるみたいです。

正直この端末で初めて写真を撮ったとき、「ゆーてスマフォにカメラやろ、そこまで凄いわけあr…うおおおおおこれまじでスマフォかよおおおお」ってなったのも事実。解像感やボケ味、色のグラデーションがそこいらのスマフォとは一味も二味も違います。
是非後継機の開発を続けて欲しいと願います。

そういえば現在WindowsPhoneの最新OSといえばWP8.1ですが、私の購入したLumia1020は起動してアップデートチェックしたら速攻WP8.1が降ってきました(出荷時はWP8)。
すぐに最新OSが使えるという点もGood!

そうそう、この記事とは直接関係ありませんがつい先日、私が所持しているLumia920にもWP8.1が降ってきました。

では、最後にLumia1020で撮影→Twitterに上げた写真を載せて締めたいと思います。
デジタルズームも使って撮影していますが、自分でもちょっと信じられないぐらい劣化が少ない。

2014/07/12

KENKOの「ミラーレンズ 500mm F6.3 DX」を購入!早速α7Sで満月を撮影してきた!



本日は曇り空ながらお月さんが明るいなと思ったらスーパームーンだったらしいです。

こんな日はお月さんが撮影したくなりますね!!!?


というわけで!!
購入しちゃいました!!!


KENKOのミラーレンズ 500mm F6.3 DXです!


ついでにこのレンズ単体ではデジカメにマウントすることはできず、


Kenko アダプター Tマウント ソニーNEX用 SO-NEX
ケンコー (2010-10-01)
売り上げランキング: 11,910
↑↑こういったアダプターを別途購入する必要があります。
別の視点から見るとアダプターだけ付け替えれば他のレンズ交換式カメラにもレンズを流用できると思うと素晴らしいと思います。

ついでに前から見ると何やら天体望遠鏡のような見た目(笑


ところで、ミラーレスカメラにミラーレンズ(レフレックスレンズ)を付けてる私のα7Sはもはや、
一眼レフカメラと言っても過言ではないのではないでしょうか!!!!???


…話を戻しまして。早速ですがこのレンズを使って今日のスーパームーンを撮ってきたのでちょっと載せてみたいと思います。全部手持ちです。
あ、ついでにTOPの道路の写真もこのミラーレンズを使って撮影したものです。圧縮効果が凄いですね(笑
これが普通に撮ったお月様。
月だけを撮りたい場合は500mmといえど少し小さいかもしれませんが、作品撮りする場合にはこれぐらいが丁度良いと思います。
でも今回はスーパームーンを撮る事が目的ですのでもう少し大きくしたいと思います。
方法はα7SをAPC-Cモードに変更!そして超解像ズームだあああああ
ドンッ!

まぁ超解像ズームは言ってしまえばデジタルズームなので画質の劣化は避けられませんがウェブやSNSにちょっと載せる程度なら十分実用できますね。


ちょっとムーディーな写真も。
曇が出ているからこそ撮れる写真もありますね。

今までα7Sにはずっとシャープな写りで評判のSEL55F18Zを使っていた事もあってこのミラーレンズは余りシャープな絵には感じませんでしたが必要にして十分な写りはしてくれていると思います。
そもそもこのレンズ、超望遠にしてはかなりお安くてなんと2万円前後で買えちゃいます。
しかもその他の超望遠レンズに比べるとサイズもコンパクトですしね。それを考えればかなりコスパの優れたレンズと言えるのではないでしょうか。
まだこのレンズでは夜の撮影しかしていませんが是非昼間の写りも見てみたいですね。休みが欲すぃ。

そういえばいわゆる望遠レンズを持つのは初めてなんですが、めちゃくちゃ手ブレが起きますね。
ファインダーを覗いた瞬間酔ってしまうかと思いました(笑

って、Twitterで呟いたら「望遠レンズは三脚で使うのがデフォ」って言われてしまいました。
うんうん、ですよねですよね。



…今日ずっと手持ちで撮影してたわん!

シャッター速度が稼ぎやすいα7Sだからこそできたワザなのかもしれません(・∀・*)



Kenko アダプター Tマウント ソニーNEX用 SO-NEX
ケンコー (2010-10-01)
売り上げランキング: 13,540

ソニー デジタル一眼カメラ「α7S」ボディ ILCE-7S
ソニー
売り上げランキング: 9,790

あ、そういえばこのミラーレンズ、ボケがドーナツ状になる面白いレンズでもあります!
わざとボケボケにして撮影

シーンによってはちょっと煩く感じてしまうかもしれません(;・∀・)

2014/07/07

α7Sと一緒に京都にある糺の森へ行ってきました。

先日もののけ姫がTVで放送されていましたね。
残念ながら仕事をしていましたので少ししか見られませんでしたがシシ神の森は大変美しかったです。

ついでにシシ神の森、モデルは屋久島だそうです。
ぜひ行ってみたいと思い屋久島までの行き方を調べてみましたが私には一泊二日程度じゃ行けそうにありませんでした…。

そ こ で !

京都を代表する森の一つ。そして世界遺産でもある下鴨神社の境内にある糺の森へ行って参りました!
持ち物はα7SとSonnar T* FE 55mm F1.8 ZAのみ。全て手持ち撮影です。

ソニー デジタル一眼カメラ「α7S」ボディ ILCE-7S
ソニー
売り上げランキング: 27,707
到着時はすでに18時過ぎ。曇り空。森の中は薄暗く神秘的でした。

森へ入ると同時に大きな木が出迎えてくれました。
不思議と包容力のある優しい感じのする木でした。


α7Sは近年出ているデジカメの中では低画素寄りの1200万画素ですので
自然の撮影には不向きかと思いましたが
柔らかく、質感に溢れたリアルな写真を撮ることができました



陽が傾き始め、曇り空だったこともあり、とても優しい光が辺りを包み込んでいました。

途中、神社を見つけました。

河合神社。この日、複数の若い女性やカップルが参拝していました。
美麗神という言葉が気になり、調べてみると女性守護の信仰を集め、
美容や安産、育児などのご利益があるとのこと。なるほど、女性の参拝者が多いわけです。

更に進むと小川が流れていました。
すでにシーズンは終わってしまいましたが初夏には蛍も飛ぶそうです。ぜひ見てみたいですね。

日没の時刻が近づき、夕焼けが木の間から見えていました。



なんだか本当に白くて可愛らしい「こだま」が出てきそうです。




更に暗さは増し、より幻想的になる糺の森。

この辺りになるとISO感度は常時12800以上。


19時を回り、街灯が灯り始めた時刻。
この写真はISO:12800 SS:1/125で撮影。
α7Sはまだまだ暗くなっても頑張れそうでしたが
私の体力がここで尽きかけたため(夜勤明けでしたので…)やむなく帰路へ。

α7S、今回の様に薄暗い環境でもとても自然で、見たままを写せる素敵なカメラでした。
暗闇に強く、優れた高感度撮影ができるα7Sだからこそ成せる業でしょう。
暗闇に弱いカメラはどうしても暗くなるとノイズが多く乗り、色合いも現実とはかけ離れてしまいます。
「夜の質感」が(しかも手持ちで)撮れるカメラは中々無いのではないでしょうか。


ソニー デジタル一眼カメラ「α7S」ボディ ILCE-7S
ソニー
売り上げランキング: 27,707

SONY Eマウント交換レンズ Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
ソニー (2014-01-15)
売り上げランキング: 56,775

SONY Eマウント交換レンズ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
ソニー (2013-12-20)
売り上げランキング: 8,223