2014/03/23

MVNO各社が値下げや通信容量アップに取り組んでていい感じ!

前回、
「OCNモバイルONEが4月から値下げ&通信量の上限を増量! 」
http://tanikurutter.blogspot.jp/2014/03/ocnone4.html

なんていう記事を書いたところですが、MVNOが今、熱い!

というのも、各社増税を前にしてか値下げやサービスの改良等、様々な施策を展開しているのです。

まずは楽天ブロードバンドLTE。

ここだけは期間限定ですがなんと初期費用が0円となっております。
申込期間は2014/3/27のAM9:59まで。
ちょっと前までは0円になるプランは限らていましたが今は全プランにおいて初期費用が0円となっているみたいです。
なお、キャンペーン期間以後は4000円かかります…。
楽天は以前にも0円キャンペーンを実施していたみたいですね。今後もあるのでしょうか。

次にOCNモバイルONE

OCNモバイルONEは値下げ&通信容量の増加を謳っています。
同プランといえば一日30MBまで高速通信が可能で月額980円(税込)で使えるSIMとしてスマフォ愛好家の間では結構有名なSIMです。
それが4月1日より30MB→50MB。980円→972円となり、お得感がアップします。
その他のプランも通信容量アップ&値下げが行われています。
増税により結果的には支払料金が増えているプランもありますが。

NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE マイクロSIMパッケージ T0003670
NTTコミュニケーションズ (2013-08-29)
売り上げランキング: 11

最後にIIJmio

IIJMIOは945円(税抜)で500MBまで高速通信が可能なミニマムスタートプランを今まで提供していましたが、4月1日より500MB→1GBに増量。なんとです。
IIJmio:サービス仕様改定のお知らせ(IIJmio高速モバイル/Dサービス) https://www.iijmio.jp/info/iij/20140307-2.html

ついでに高速通信するかしないかは専用のWEBページ、またはアプリで切替が可能です。
高速通信しない場合は200kbpsに速度規制されます。
あとIIJmioの魅力として余った高速通信分は翌月に繰り越せるというのも魅力ですね。

あと個人的にはどうせIIJmioを契約するならBIC SIMというIIJmio×BICカメラが提供しているSIMを契約するのをお勧めします。
こちらは無料でWi2 300という公衆無線LANが使える特典がありますので。


OCNモバイルONEが4月から値下げ&通信量の上限を増量!

一日30MBまで高速通信が出来る月額980円のSIMを提供して一時話題となったOCNですが、4月1日から各プランの値下げと通信容量の上限を増加するとのことです。

ついでに件の30MB/日のプランは50MB/日に上限が増加。料金は月額934円(税抜)から900円(税抜)に。

その差34円!!

と、言いたい所ですが残念ながら4月から消費税が上がりますので、税込み価格では
980円から972円に変更となっています。

およそ8円の値下げですね。
仮に料金据え置きだったとしても通信容量が増える!ってのは嬉しいですね。
もちろん通信容量と値下げの改定は既存ユーザーにも自動で適当されます。

なお、基本料は全てのプランにおいて値下げされていますが、増税に伴い支払料金自体は上がっているプランもあります。

全プランの概要はこちら↓↓



余談ですが、私つい最近初期費用0円のキャンペーンに惹かれて楽天ブロードバンドLTEのSIMを購入したばっかりなのですが、早速OCNのプランに浮気したくなっております。
購入した楽天SIMは最安値のエントリープラン。
月額875円(税抜)で300MB/月。超過時は100kbpsに速度規制。
対してOCNモバイルONEの最安値プランは税抜き934円で30MB(4月以降50MB)/日。超過時は200kbpsに規制。翌日には解除。

楽天の方が100円ほど安いとはいえ、精神衛生上はOCNの方が良いと言わざるを得ません。
まぁ楽天の場合初期費用0円のキャンペーンをちょくちょくやっているので実際にはもっと安いっちゃ安いんですが。

あと楽天にも945円(税抜)プランがありまして、そちらは1GB/月まで通信可能、超過後は300kbpsに規制となっております。
最初からこのプランにすればいいじゃんって言われるかもしれませんが、私が契約した時は初期費用の0円キャンペーンの対象じゃなかったんですよね。SIMが届いた直後に0円キャンペーンの仲間入りしてて、実は結構悔しがってたり。
楽天ブロードバンド LTE
http://broadband.rakuten.co.jp/lte/

NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE マイクロSIMパッケージ T0003670
NTTコミュニケーションズ (2013-08-29)
売り上げランキング: 11


2014/03/21

AmazonのアプリストアでSketchbookPro等が無料!本日3/22まで!

Amazonが運営しているAmazon AndroidアプリストアでSketchbookProが無料公開中です。
本来500円以上するアプリが無料ということでかなりお買い得(?)ですね。

SketchBook Proダウンロードはこちらから

ついでに、このアプリ説明ではタブレット用みたいなこと書いてありますが別にスマフォでも使えます。少なくともNexus5ではちゃんと使えています。


その他にもMONOPOLYやPolarisOffice、mSecure、Runtastic Pro等、合計5000円分以上のアプリが無料公開中ですので、気になる方はチェックチェック!


PrintHand Mobile Print Premium
PrintHand Mobile Print Premium
posted with amazlet at 14.03.21
PrintHand (2012-07-21)

MONOPOLY
MONOPOLY
posted with amazlet at 14.03.21
Electronic Arts Inc. (2011-11-12)
売り上げランキング: 58

mSecure - Password Manager and Secure Digital Wallet
mSeven Software LLC (2011-03-20)



2014/03/12

iPhone用50倍天体望遠鏡が一万円以下で販売中とな?


iPhone用マウンタ付50倍天体望遠鏡が株式会社アユートから販売されています。
[プレスリリース] http://www.aiuto-jp.co.jp/news/2014/03051206.php

セット内容は50倍天体望遠鏡、12倍望遠レンズ、そしてそれらをマウントするための専用iPhoneケース(iPhone5&5s用)となっております。

正直50倍の天体望遠鏡ならもっと安くで売られていたりしますが、12倍望遠レンズやマウント用ケースがセットになっている事を考えるとお得ですね。

なお天体望遠鏡は単体でも使用できる様です。


ちょっと欲しい、って思ったけど50倍じゃ月は大迫力に見えてもその他の惑星とかは難しそうですね。
天体望遠鏡といえば木星の独特な模様や、土星の環なんかを見たいものですが…。
でも50倍あれば金星の満ち欠けは見られるみたいです。小さいですけど。

ついでに50倍ズームのデジカメは持っていますが、木星の衛星が光ってるのは見られますね。
木星も衛星も全部小さな光の点ですが「あるのは分かる」って程度には見られます。


Vixen ユニバーサルデジタルカメラアダプターII 39197-4
ビクセン (2012-12-19)
売り上げランキング: 57,466


MIZAR-TEC 天体望遠鏡 屈折式 口径70mm 焦点距離300m 卓上三脚付き TS-70
ミザールテック
売り上げランキング: 75,804

2014/03/01

modcrewがiPhoneを裸のまま防水にしてくれるサービスを開始!今日から!


なんと防水ケース等を使用せずにiPhoneを防水化してくれるサービスをiPhoneの修理・カスタマイズを行っているmodcrewが本日3/1より提供してくれるとのことです。

技術としてはHzOという米国企業が開発したWaterBlockという電子機器等をナノレベルでコーティングし、防水化するもの。
具体的にどういったものかは動画を見たほうが分かりやすいと思いますので以下にご紹介↓






現在はmodcrew秋葉原店においてiPhoneのみ受付しているそうですが、
将来的にはiPhone以外のスマフォや、宅配集荷による受付も順次開始予定とのことです。

iPhoneの防水加工にかかる費用は6980円。
これは固定ではなく価格は画面サイズによって変動するとのこと。
5インチまでは6980円
5.1インチ〜7インチ→7980円
7.1インチ〜9インチ→8980円
9.1インチ〜10インチ→9980円
となっているそうです。つまり将来的に5インチ以上のiPhoneが出た場合は7980円等になる可能性もあるということ。

なお作業は1時間〜数時間で終了し、原則即日返却されるとのこと。
宅配によるサービスが開始された際は受付後3日程で返却されるそうです。

なお公式サイトにあるFAQからいくつか引用して紹介してみます。

・どれくらいもつの?
加工後、生活の中での擦れ、衝撃等で膜が剥がれることも予想されますので、一年に一回加工し直すことを推奨いたします。

・水中で使用できますか?
水中での使用を前提とするものでは御座いませんので使用はしないでください。あくまで生活防水、日常の不意に起きる水難(飛沫等)に対する備え、 加工していない端末より水没に強いというニュアンスで使用して頂ければ良いと思います。

・加工後の外観
加工により、若干ですがデバイス表面に油膜のような現象が見られる事がございます。

・データは消えないんですか?
お客様には初期化、アクティベーション、データもバックアップを取ることを推奨します。また著しいカスタマイズや破損が見られる場合は加工をお断りする場合があります。加工後であるならばカスタムは問題ありません。

・水以外でも大丈夫ですか?
基本的には真水以外でも防げます。ただし、除光液などの溶剤の場合はコーティングも剥がれてしまうため、防ぐことは出来ません。真水でも沸騰した お湯などの場合、熱で異常をきたす可能性があります。


とのこと。
動画では水没させているシーンもありますが、とりあえずお風呂に水没は余りよくなさそうですね。
まぁこれは防水ケースであろうとよくありませんが。
あとは年に一回コーティングし直したほうが良いってのもちょっと気になりますね。
ある意味保険代がわりと言えなくもないですが、加工したらきっとApple careには入れないですよね。

ついでに国内初のiPhone防水加工サービスを提供しているのは名古屋にあるLOGIC MAGICという、こちらもiPhone等を修理を業としている会社。一律7800円。
こちらは既に郵送受付等も行っているため、遠方の方はこちらを利用してみるのも一つの手かと思われます。

どちらの企業の方がクオリティが高いとかは不明ですが、こういった技術は面白そうでいいですね。
基本的に加工用の機械に入るものならなんでもコーティングできるということなので
電子機器に限らずカーペットや真っ白のワイシャツなんかに加工して貰いたいです。

なお当たり前ですがこれらのサービスの利用は自己責任でお願いします。